1 2 3
June 2017
日本の

 

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム(SPIEF)

 

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム(SPIEF)について

 

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムは、1997年の第1回開催後、現在では経済・ビジネス界の主要イベントとなり、2006年からはロシア連邦大統領の支援を受け、大統領参加の下で開催されております。

当フォーラムでは、ロシア、そして急速に発展を続ける世界市場全体が直面する経済問題を議論し、意見交換を行う場を世界のビジネスリーダーたちに10年間に渡り提供してまいりました。

SPIEF 2016には世界133カ国からマスメディアのほか学術界や民間の有力知識人、大企業幹部、各国首脳など、12,000人の方にご参加いただきました。

 

SPIEF 2016の成果について

今回20周年を迎え、フォーラムのイベント数は300以上に達しました。

フォーラムの本会議は「グローバル経済の新たな現状を生かす」をテーマに、メディアパートナーであるCNBC、ブルームバーグ、CCTV、CNNを含む86社余りの国際的なTVチャンネルで放送されました。

フォーラムの議論は次の5つのテーマを巡って行われました。

  • 経済成長の持続に向けた新たな見通しの探求
  • ロシア経済潜在力の実現
  • 近年における地経学的動向
  • 技術革命の舵取り
  • 経済における人的側面

600人以上の講演者と司会者が、フォーラム期間中議論や討論に加わりました。

フォーラムには、ロシア官僚が40人、外国官僚60人が参加し、企業幹部はロシアから600人、外国から300人が参加しました。

フォーラムで、投資総額14600万ルーブルに及ぶ協定が計356件締結されました。

SPIEF 2016の枠内で、アイスホッケーやテニスの試合、チャリティーレース、展示会、コンサート、市内劇場での公演など、文化・スポーツの67のイベントが行われました。

SPIEF 2016の成果はこちら

SPIEFがご提供する特別な場

効果的なビジネス交流の場:同業者、協力企業、知識人、世界的ビジネスリーダー、政治家、科学・文化やマスメディアで活躍する人々と交流する場をご提供いたします。フォーラムには、ビジネス・コンタクト交換ゾーンや商談ゾーン、外国の展示ブース、SPIEF Investment & Business Expo展示会、分科ラウンジ・ゾーン、交渉室などの施設を設置し、関連サービスをご提供いたします。

世界を変える対話の場:ロシアだけでなく外国からも官僚や企業幹部を招き、BRICS、上海協力機構やCIS諸国を含む外国政府や民間代表団との会談の場をご提供いたします。発展途上国のみならずロシアを含む世界各国の発展に影響を与える主要な問題とその傾向を見出し、解析いたします。

経験とノウハウを交換する場:ビジネスの潜在力を発揮し、イノベーションによる新しい方向づけをする場をご提供します。最新先端技術についての情報もご紹介いたします。

マスメディアによる宣伝の場:マスメディアの機関を700社以上招き、フォーラム開催期間中、世界の主要情報通信会社による生中継や記者会見のオーガナイズをお手伝いいたします。

文化プログラムの場:インフォーマルな交流の場をご提供いたします。白夜の最も綺麗な時期にロシアの文化の都と称されるサンクトペテルブルグで、SPIEF枠内で開催される市内劇場の劇場イベントやチャリティーイベントなどにも参加いただけます。

スポーツプログラム:サッカーやアイスホッケーなどのスポーツの試合については、観戦だけでなく参加も可能です。スポーツを楽しみながら、インフォーマルな雰囲気で新しい繋がりをつくる場をご提供いたします。

 

参加方法

SPIEF 2017への参加をご希望の方は、下記の2つのうちいずれかをお選びください。

プレミアムプラン

  • SPIEFビジネスプログラムのすべてのイベントに参加可能(特別招待イベントを除く)
  • SPIEF文化プログラムのすべてのイベントに参加可能(特別招待イベントを除く)
  • SPIEF「プレミアムプラン」配布資料

標準プラン

  • SPIEFビジネスプログラムのすべてのイベントに参加可能(本会議および特別招待イベントを除く)
  • SPIEF文化プログラムの一連のイベントに参加可能
  • SPIEF「標準プラン」配布資料

本会議開催の際、標準プランでの参加者の皆様は、本会議会場への立ち入りが制限されることがありますので、予めご了承ください。

詳しくは参加資格についてをご覧ください。

 

参加料金について

プレミアム参加

標準参加

参加料金(1人あたり、米ドル建て)

 

5 169,49

(VAT別)

6 100

(VAT込)

 

4 322,03

(VAT別)

5 100

(VAT込)


参加料金(1人あたり、ユーロ建て)

 

4 618,64

(VAT別)

5 450

(VAT込)

 

3 813,56

(VAT別)

4 500

(VAT込)


なお、201744以降のお支払いの場合、料金の値上げが予想されますので、予めご了承ください。

詳しくは参加資格についてをご覧ください。

 

SPIEFのパートナー契約希望の方々へ

本フォーラムの開催準備やオーガナイズに携わるロシアまたは外国で登記された法人または個人の皆様には、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムのパートナー契約をお願いしております。内容は契約で定められておりますが、技術サポートや出資など、様々な形での参加が可能です。

皆様方のご提案、効率的なビジネスソリューションについてのご相談をお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはパートナー資格についてをご覧ください

 

SPIEF Investment & Business Expo展示会

SPIEF Investment & Business Expo展示会は、第21回サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムの枠内で開催されます。

  • ロシアおよび外国の政府首脳や大手企業による投資プロジェクトを展示するセクション
  • ロシアおよび外国の企業によるВtoВソリューションや技術を展示するセクション
  • 世界の大手企業幹部、政府関係者、知識人、マスメディアとの建設的対話の場

展示会にはSPIEFのプレゼンテーション・ゾーンを設置し、EY社とロシア外国投資諮問委員会(FIAC)と連携し、以下のテーマを中心にイベントを開催いたします。

  • ロシア地方都市の投資潜在力やロシア大手企業プロジェクト
  • 地方および連邦レベルのプロジェクトの近年の開発見通し
  • 現代のロシアのニーズ

SPIEF枠内の展示会および宣伝の詳細については、ロスコングレス基金の展示会マーケティング・セールス部までご連絡ください。

電話番号:+7 (495) 640 9291

Email:expo@roscongress.org

詳しくは展示会をご覧ください。

 

SPIEFのイベント

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムの推進プログラムの枠内で、毎年大規模な国際イベントやビジネスフォーラム、実業界の会合が開催されています。

2015年12月よりロスコングレス基金は、ロシア輸出センター(REC)、戦略的イニシアティブ・エージェンシー(ASI)と共に、EYとロシア外国投資諮問委員会(FIAC)の支援のもとに、「ロシアの地域:新しい成長拠点」というロシア連邦地域の投資事例と輸出潜在力の拡大に向けた一連の行事を主催しております。これらの行事は、ヤロスラブリ、トゥーラ、モスクワ、クラスノダール、エカテリンブルク、ニジニ・ノヴゴロドで行われてきました。2017年も同行事が予定されています。

ロシア国内の行事以外にも、ロスコングレス基金は、ロシアと外国政府及び、ビジネスと学術界との協力支援を目指し、毎年定期的に外国でも行事を行っております。これらの行事は非常にタイムリーな問題を中心に扱っておりますので、ロシア経済および世界経済の問題解決に貢献しております。

2015年から2016年にかけては、ロスコングレス基金は、イタリア、インド、中国、ドイツ、ウルグアイ、さらにイランの首都テヘランと、世界各地でロシア・イランのビジネスフォーラムを開催するなど、外国での行事を開催いたしました。2017年には、ダボスの世界経済フォーラム(スイス)や、ボアオ・アジア・フォーラム(中国)や、ハノーバー国際見本市会場(ドイツ)でのSPIEFの行事、さらにキューバとイタリアでもビジネスフォーラムが予定されています。

SPIEFイベントの詳細は、こちらをご覧ください。

 

お問い合せ

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムの参加に関するすべての情報、パートナーパッケージ、イベント詳細は、ロスコングレス基金までお問い合わせ下さい。


12, Krasnopresnenskaya nab., 123610, Moscow

88А, Sredny Prospekt V.O., 199106, St. Petersburg

参加者用お問い合わせ:

+7 (812) 680 0000

示会参加用お問い合わせ:

+7 (495) 640 9291

スメディア用お問い合わせ:

+7 (812) 635 8018

ファックス:

+7 (812) 680 0034

Email:

info@forumspb.com

YouTube

Facebook

Twitter